PR
ConoHa WING

今年の冬服

暮らしのこと

先日の記事は、服の数や管理、自分らしい理想の服装のことなどを書きました。

シンプルな暮らしに合うような服を揃えていきたいです。

お手入れにお金や時間がかかるものは手放すようにしています。

あとは、着心地が悪いもの、重いものも…

選ぶ冬服の条件

わたしは暑がりです。

夏の厳しい暑さと冬の厳しい寒さとでは、断然厳しい寒さの方が耐えられます。

夏は動きたくなくなるし、溶けるような気分になります。

冬は寒くても動けるし、空気が澄んでいるからなのか、気持ちもしゃんとなります。

道産子だから余計そういう体質なのかもしれないです。

なので、冬でも厚着はしません。

北海道は家の中も暖かいし(コタツでアイスを食べる風習(?)もあり (笑))、ショッピングモールなどへ行っても暖房がしっかり効いているのです。

寒がりさんは重ね着したりできるけど、わたしの場合はあまりできないです。

もし重ねるのなら、薄手のものの上にが鉄則。

今シーズンの服たち

服を購入するときは、3シーズン着られるようなものが多いです。

そういう服の方が暑がりのわたしに丁度良いのです。

今シーズン着る冬服たち

カーディガン 1着

ワンピース 2着

ブラウス 3着

カットソー 2着

スカート 2着

パンツ 3着

その他新調したもの

ニットベスト

↑手持ちのワンピースに合わせました。

後ろの様子を写しています。


ニットはあまり得意ではないですが、このベストは後ろが割れているので「熱がこもりにくいかも!」と思い購入しました。

薄手のブラウスやワンピースに重ねるつもりです。

この色なら、白でも黒でも合わせられるので気に入っています。

ゆったり目だけど、着丈が短めなのでバランスがいいです。


もう一つ

キャメル色のニットです。

ユニクロのメンズコーナーで見つけましたが、男女兼用タイプでした。

わたしはブルーベースのウインタータイプなので、この系統は違うのかもしれませんが、黒にキャメル色を合わせるのが好きなのです。


ニットは数年振りに買いました。

どちらもモコモコした厚みがないのでわたしでもイケるかな?と思っています。

お手入れも面倒ではないタイプを選んでいます。

どちらもクリーニングに出さなくてもいい素材なので、ネットに入れて洗濯機で洗います。

服のサイズ感の話

今はオーバーサイズの服が流行りですよね。

体型も隠せていいなと思っていました。

「ゆるっとした服の中で身体が動くと痩せて見える」

という言葉に同感でした。


でも、わたし世代は

「オーバーサイズを着るとたくましく見えてしまう服もあるかも」

と気付きました。

トップスでもボトムスでも服の幅が大きいと「ズドン」と見えるような気がするのです。

若い人はオーバーサイズを華奢に可愛く着ています。

わたし世代はそれが難しい。

自分の感覚ではちょいユル位が丁度良いです。

たくましい大きいオバさんにならないように気をつけます。

シンプルに着るのが好き

服を着るときは、色味を抑えて1~2色でまとめています。

たまに3色もあり。

黒ずくめの服装にポイントになるようなバッグを合わせるのが好きです。

なのでバッグは多く持っています。

高価なものは少ないけれど、カジュアルなトートバッグとか、ショルダータイプとか、柄ものも好きです。

バッグ置き場が荒れてきたので、少し整理しなければいけないなと思っています。

布製のものが多いのでかさばることはないですが、数を数えると少し多いなと気付きました。


わたしは、ハイブランドのバッグ等を持たないです。

ハイブランドを合わせるときは特別なときです。

日常の身なりでは合わせることはないです。

高価なバッグは一つしか持っていませんが…(笑)

スポンサーリンク

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加しています
応援してくださるとうれしいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

ラシンバン-暮針盤- - にほんブログ村

暮らしのこと装い
スポンサーリンク
キナリをフォローする
ラシンバン -暮針盤-
タイトルとURLをコピーしました