PR
ConoHa WING

今手に取る服は今の自分を象徴している

50代からの変化

洋服は着られればいいのではなく、

「今の自分を象徴するもの」

と捉えることが大切だと思っています。

以前はあんなに好きだったのに、今はあまり袖を通していないという服が出てきます。

それは

「今の自分とずれている」

からなのだそうです。

歳を重ねたことや体型の変化という理由も大きいけれど、今の自分に合わなくなった。

だから、服というのはいつまで経っても「新しいのが欲しいな」って思うのでしょうねー。

あるミニマリストさんの話

「これさえ買ったら満足するから」

と買っても、また別のものが欲しくなるものなのだと…

ミニマリストのかたでもそうなのです。

今の自分に合った服がほしいのです。

だからもうしばらく買わなくていいや…とはならない。

新たに服を購入しても、循環させて少なく管理するのがミニマリスト。

わたしもクローゼット内を入れ替えながら「今の自分を象徴する服」を楽しみたい。

新たに1着買ったら最低1着は手放す。

そこを2着にするとミニマリストのかたに近付けるかな。

やみくもに買っていた若い頃は、まだ自分という人間がよくわからない上に流行りにもついて行きたい気持ちもあったのだと、今、振り返って思います。

あとはバブルという時代背景もあったからかも。

デザイナーズブランドの力が強かったです。

今と違い、品質の良い手頃な服はあまりなかったな。

価格が安いとすぐ着られなくなるという、質の良くないものでした。

安物買いの銭失いという言葉がしっくりきていた時代でした。

スポンサーリンク

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加しています
応援してくださるとうれしいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

ラシンバン-暮針盤- - にほんブログ村

50代からの変化持ちもの装い
スポンサーリンク
キナリをフォローする
ラシンバン -暮針盤-
タイトルとURLをコピーしました