ConoHa WING

本ページはプロモーションが含まれています

無知は損をする

あれこれ

先日、車のバッテリーが上がりました。

室内灯をつけたままにしていたよう。

自動車保険のロードサービスを利用して直してもらいました。

バッテリーの劣化を指摘され・・・

その時来てくれた業者さんが、ついているバッテリーを見て、

業者さん
業者さん

とっくに替えなければいけない位古いです。

今、エンジンはかかっていますが、このまま止めずに交換に行くのがベストです


と、教えてくれました。

その上で

業者さん
業者さん

一応、この車に合うバッテリーを今日持って来ているのですが、交換に行く手間が面倒ならば、今ここで交換できますよ。

10分程で終わります


と言いました。

料金表を見て引きました。

キナリ
キナリ

え??

こんなにかかるの??

確かにアイドリングストップ用のバッテリーは少し高いけれど、この価格が適正なのかがわからなく、悩みました。

なので、

キナリ
キナリ

いつも行く所で交換してもらいます


とやんわりお断りしました。

バッテリーの売り方に違和感を感じた

バッテリー交換の提案の仕方は、

その場であまり考えさせずに畳み掛けるような感じ

ちょっと違和感ありました。

「簡単に今ここで、即解決できますよ」

という売り方なのだと思いますが、用意周到的でもやりとしたんです。

その後、近くの専門店に行きバッテリーが古いから交換したいと話をしたら、
何やら機械を繋ぎバッテリーの様子を見てくれました。

「まだまだ替えなくても大丈夫ですよ」
と、教えてくれました。

数値が全く問題ない状況でした。

無知は損をするリスクあり

車の使い方によりバッテリーの持ちは違うから、何年使えるのかはそれぞれなんだそうです。

ここのお店は本当に良心的なんです。

社長さんが、いらない出費をお客さんにさせないようにと常日頃言うそうで、まだ使えるものは正直に教えてくれます。

バッテリーの寿命は3年から5年と言われますが、そんなことないのですって。

買わせようとするのはお店側としては当たり前なのかもしれない。

でも、車に詳しくないひとにとっては優しくはないですよね。

まだ使えるものを早くに交換するなんてね。

交換してしまえば
もうわからないですもんね。

あまり車に詳しくない人は不安感から交換してしまいます。

勉強になった出来事でした。

スポンサーリンク

最後までありがとうございました

ブログランキングに参加しています
応援してくださるとうれしいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

ラシンバン-暮針盤- - にほんブログ村

あれこれ
スポンサーリンク
キナリをフォローする
ラシンバン -暮針盤-
タイトルとURLをコピーしました